• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

♪~Wonderful Life~♪

      ・・・幸せって言えるように・・・

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィラデルフィアの歴史

  1. 2009/09/25(金) 21:43:52|
  2. Diary
  3. | コメント:0
DSC09068.jpg

アメリカの主要都市どこにでもある中華街を通り抜けて、
次に向かったのは、リバティベルセンター。

DSC09080.jpg  DSC09086.jpg

自由の鐘
アメリカの歴史に、とても重要な意味を持つこの地、フィラデルフィア。
ここPhillyには、初代大統領ジョージワシントンも住んでいたそうです。
全くと言っていいほど、何も知識の無いまま引っ越してきましたが、
ボストン以上に歴史的に学ぶことが多そうです。

DSC09094.jpg

出発が10時過ぎだったので、
2か所を回るとお昼の時間。

DSC09090.jpg DSC09091.jpg

広い市場?で1時間ほどの自由時間となりました。
台湾人夫婦と一緒に、中華をシェアすることにしました。
ひどいアメリカ料理は食べたくないし、和食は自分で作るし、
第一このマーケットに和食のお店はありませんでした。
左の写真の果物。
どう見てもイチジクだと思います。

DSC09089.jpg

麻婆豆腐と塩味の野菜とエビの餡かけご飯を注文して、
3人で分けました。
麻婆豆腐は甘くてあまり美味しくなかったのですが、
餡かけご飯のほうは、塩加減がちょうどよく、
食が進みました。
私は水も買って、4ドルでランチが済みました。
満腹にしたいほどのものではなかったので、腹八分目でネ。

DSC09099.jpg

このマーケットから、次の目的地シティホールまでは数ブロック。
歩きで向かいました。
アメリカの観光地のどこにでも見かけるこのカフェ、
ここにもありました。
入ったことはありませんが、ガイドブックには必ず載っています。

DSC09103.jpg  DSC09105.jpg

さて、以前もUPしたシティーホール。
この建物、骨組みの無いアメリカ一大きな建物です。
右の像、建物のてっぺんにある像ウイリアム・ペンで世界最大だとか。

説明をしてくれたのは、ELCの先生ですが、
ここにずいぶん長く住んでいるそうで、
この街が大好きで誇りを持っていることが良くわかりました。
とても丁寧に、生き生きと話してくれました。


 管理者にだけ表示を許可する
 


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。