• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

♪~Wonderful Life~♪

      ・・・幸せって言えるように・・・

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーニーと野獣

  1. 2011/08/01(月) 13:45:03|
  2. Bernie
  3. | コメント:2
バーニーの飼いはじめは、日陰の身でした。

動物はダメと、前から言われていたのにもかかわらず、
内緒で飼ってしまったのです。
涙の出会いで

小山にいる長男が、全面的に協力してくれました。
アパートではなく一軒家を借りてもらい、
良く面倒もみてくれて、元気に大きくなりました。
幼稚園にも通って、とてもお利口にもなりました。
幼稚園の送り迎えは、
私がしたんですよぉ

先月7月の連休に、
長男がバーニーを連れてきて、初めて野獣と対面しました。
全員がしながら・・・

初めは、静かな対面でした。
私たちも、細心の注意を払いました。
リビング、キッチン、ダイニングなど、
野獣の居住範囲には近寄らせず、
次女の部屋と外ですごし、体もきれいに保ち、
バーニーから目を離さないようにしていました。

数日たつと、
バーニーが庭で遊んでいるときに野獣が参加し、
彼女の人懐こさに心を奪われてしまったようです。

会社が自宅の隣なので、
帰宅するたびに(バーニーに会うために帰宅?)次女の部屋をのぞき、
外にいれば、水をあげたり、芝生に座って戯れたり・・・
そのうち、朝、次女がまだ寝ている部屋に入り、
静かにバーニーと過ごすほどの入れ込みよう。

ある朝には、
マスクをして熟睡している次女を、
「う○○してるぞぉ♪」
と、起こしたそうです。
結局処理したのは私ですが、
野獣は臭い臭いと言いながら、終始ご機嫌でした

幼稚園に出すと、
「いつけーってくるんだ?」
って、
想像もつかなかったLOVE振りに、
私たちは、失笑したり、プチひいてしまったり・・・

これからは、
堂々と、行ったり来たりできますね。
しっかりとマナーの守れる子になって、
野獣パパに愛される幸せなバーニーでいてください



No title

  1. 2011/08/05(金) 09:35:11 |
  2. URL |
  3. リオ&ユリアさんのお母さん
  4. [ 編集 ]
あんなにピリピリしておりましたのに。。。
良かったですね☆
バーニーちゃんと戯れていらっしゃる*獣様(^^;
想像も出来ませんわ☆

まったくねぇ

  1. 2011/08/05(金) 09:57:36 |
  2. URL |
  3. ♪♪~みゅ~♪♪
  4. [ 編集 ]
照れがなくなると、
今度は人の目なんか気にもしない野獣で・・・

あまりの変わりように、
私たちは、唖然としながら笑ってしまいましたv-407

でも、良かったです。

 管理者にだけ表示を許可する
 


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。